痩身エステ

痩身エステでのカッピング効果とメリット、デメリットについて

 

痩身エステでのカッピング効果とメリット、デメリットについてエステティックサロンではさまざまな美容施術が行われており、積極的なコマーシャル活動もあって、多くの人が利用しています。以前は、エステティックサロンの利用者の大半は女性でしたが、男性の利用客が増えており、男性専用のエステティックサロンも登場しています。

 

最近行われているエステティックサロンでの施術で話題なのが、カッピングです。カッピングとは円形の吸盤機器を皮膚につけて、電気を通すことによって血行を促進させ、毒素を排出する処置になっています。痩身エステティックサロンでカッピング施術を行っているところが増えており、効果について宣伝されていますが、今回はメリットとデメリットについて、ご紹介します。

 

この施術を行うことの最大のメリットは、血行の促進です。円形の吸盤を皮膚につけ、電気を使って吸い上げる処置になりますので、機器が当たっている箇所は丸く膨らんできます。これによって血流が促されることになり、全身の血行が活性化されます。

 

また、吸盤が皮膚を吸い上げる際、毒素も一緒に出してくれると言われていますので、体にとって不要な成分が出ていくという効果も期待できます。カッピングを行うことによって、体がすっきりして軽くなるという人が多く、ストレスや疲労によって、体力や気力などが低下している場合であっても、元気を取り戻すことができると言われています。

 

一方のデメリットですが、皮膚が赤くなってしまうことが最大のデメリットと言えます。吸盤を当てて吸い上げることによって血行を促進させるということは、その皮膚だけに圧力がかかることになってしまいますので、施術を行った後、数日は赤い状態が続くことになります。

 

赤みは数日で消えることになりますが、斑点が残ってしまうケースがあり、皮膚が弱い人などは事前のカウンセリングできちんと相談しておくことが重要になります。斑点が出てきてしまった場合、無料で処置を行ってくれるエステティックサロンがありますが、有料になってしまうところもありますので、契約を行う場合にトラブル発生時の記載について、きちんと理解しておく必要があります。

 

カッピングはエステティックサロンだけではなく、整体院などでも利用されており、さまざまなメリットがあることが知られていますが、一時的とは言え、大切な肌に色がついてしまうことになりますので、施術方法などについてよく理解した上で行うことが大切になってきます。