痩身エステ

痩身エステのオールハンドによる施術効果とメリットとデメリット

 

痩身エステのオールハンドによる施術効果とメリットとデメリット痩身エステを提供しているエステティックサロンはたくさんあり、サロンによって最新の機器を利用したり独自の施術メニューで痩身効果を出していたりと施術方法や内容に違いがあります。例えば、ハンドトリートメントだけではなく、機器を使用して痩身を目的とした施術を行っているサロンであったり、オールハンドによる施術で痩身効果を出しているサロンもあります。痩身エステでのオールハンドによる施術は、蓄積されてかたくなった余分な脂肪を揉みほぐし、リンパの流れに沿って体の外へ排出されやすくしたり、燃焼させるはたらきがあります。また、脂肪と同時に余分な水分がリンパの流れに沿って体外へ排出されやすくなりますので、むくみが解消されて、むくみが目立つ足元をすっきりさせる効果が期待できるといわれています。さらに、オールハンドによる施術は、エステティシャンのプロの手で行われますのでリラックス効果も期待できます。ハンドマッサージには、脂肪をもみほぐして燃焼させるマッサージやむくみの原因となる余分な水分や老廃物を排出するためのリンパマッサージ以外にも、リラックス効果を高めるマッサージもあり、痩身の施術の中に取り入れているサロンもあります。それは、体をリラックスさせることは、自律神経を安定させることになり、自律神経を安定させることで身体の機能やホルモンのバランスが整いますので、その結果、痩せやすく太りにくい体づくりにつながるとされているからです。このように、痩身エステのオールハンドによる施術には、プロの手によって体の状態やお悩みに合わせた適切な施術を受けることができ、同時に機械では困難なリラックス感を得ることがメリットといわれています。一方、皮下脂肪など体の深部の組織に対する施術はハンド技術では届かず、根本的な部分の施術が難しいというデメリットもあります。しかしながら、機械による施術は、少なからずやけどやお肌トラブルが生じやすいというリスクがあり、日焼けがひどい場合やお肌に炎症が見られるようなお肌の症状によっては施術ができない場合もあります。その点、オールハンドの施術では、機械と比較するとお肌に負担が少なく、やけどやその他のお肌トラブルが生じることがほぼありませんので、安心して施術を受けることができるといわれています。また、お肌の状態や体調に合わせた力加減などの微調整がハンド技術では適切に行うことができるメリットがあります。